お金を借りる 当日

当日にお金を借りるなら、些細なミスを防ぐことが重要

お金を借りる,当日

 

お金を借りるときのミスを防ぐ

 

どうしても当日にお金を借りたい場合には、ミスを減らすのが重要です。
お金が足りなくて困っている場合、お金を工面することしか考えられない状態に
陥ってしまうことも珍しくはありません。

 

 

 

その為、結果として何もかも上手くいかないということもありえます。

 

 

 

お金を借りたい場合には、まず申し込みを行いますが、その際には
書類を提出しなくてはなりません。

 

お金を借りる,当日

 

融資の申し込みを行う際にはどれくらいのお金を借りるのか、
年齢や職業などの個人情報を記載していき、
身分証明書や収入証明書と共に提出します。

 

 

 

銀行を利用するにせよ、消費者金融を利用するにせよ、
本人確認書類と収入証明書が求められることが多いです。

 

 

 

収入証明書は融資の額によっては不要な場合もありますが、
身分証明書は必須と考えておきましょう。

 

 

 

色んな場面で「本人確認書類」は必要になりますが、
お金を借りる」という契約ではまず避けて通れません。

 

 

本人確認書類とは?
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

です。

 

※運転免許証をお持ちでない場合は、健康保険証、パスポートになります。

 

※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要です。

 

 

 

本人確認書類に記載された自宅住所と現住所が異なる場合

 

引越し後手続きを行っておらず、本人確認書類に記載された自宅住所と実際の住所が異なる場合があります。

 

そのような場合は、現住所が記載された書類(領収書や請求書など)もあわせて提出が必要になります。

 

具体的には

  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 公共料金の領収書または請求書(電気、ガス、水道)
  • 固定電話領収書または請求書

    ※携帯電話ではありません

  • NHK領収書または請求書
  • 社会保険料
  • 国税や地方税

などです。

 

 

提出書類は、契約時に、お金を借りるところから案内されますので、それに従って下さい。

 

 

 

収入証明書とは?

 

収入証明書類とは、本人の収入を証明できる書類になります。サラリーマンの場合は「源泉徴収票」がその代表といえます。

 

借り入れ先に求められる収入証明書の中から1点用意します。

 

収入証明書類は、具体的には

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • 市民税・都道府県民税決定通知書
  • 課税証明書(or通知書)
  • 所得証明書(or通知書)

 

といったものになります。

 

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出の際は、該当箇所を見えないように加工して、提出してください。(マイナンバーは知らせません)

 

 

いざ必要なときに、収入証明書を会社に発行してもらうとなると即日、は難しいのではないでしょうか。
数日かかるか、早くても翌日以降になるかと思われます。

 

書類を保管しておくことが一番ですが、ない場合は早めに発行してもらいましょう。

 

 

収入証明書が必要になるのはどんなとき?

 

プロミスレディースプロミスの場合は

  • ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
  • ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま

となっています。

 

 

 

他社借入額はごまかしはききません!

 

キャッシング申込みの際、他社借入額を記入する欄があります。

 

その際に

 

  • 他社からの借り入れがないことにした方が審査に通りやすいだろうと他社借り入れがないことにする
  • 他社からの借入額を少なく記入する
  • 複数社から借り入れているけれど、減らして記入する

 

ということは絶対にしないでください。

 

 

他社の借入残高との合計が100万円を超えると、収入証明書類が必要になってしまう・・・
という心理が働き、少なく申告したいのは分かりますが、これはすぐにバレてしまいます。

 

 

信用情報機関というものがあり、そこではあなたの借入れに関する情報が集められています。各社がその情報を共有できるようになっていますので、ごまかしはまったく通用しませんので。

 

 

 

書類のミスを防ぐ

 

お金のことを考えて焦っていると、この基本的な書類の記載で
間違ってしまう
ことも珍しくはありません。

 

 

 

インターネットを経由して書類を提出する場合、画像が不鮮明な
まま送ってしまうケースもあります。

 

 

 

仮に、申し込みの時点でミスをしてしまったら、
当日に融資が受けられない可能性が高くなります。

 

 

 

融資の話が決まるのがずれ込むならまだましで、
最悪の場合は断られることも考えられるでしょう。

 

 

 

勿論、書き間違いがないからといって断られないとは限りません。

 

 

 

しかし、些細なミスで断られることは避けましょう。

 

 

 

当日にお金を借りる必要がある場合にこそ、
些細なミスを防ぐことが重要です。

 

 

 

>>>当日にお金を借りる場合に最適な申し込みとは