お金を借りる 当日

未成年がお金を借りるのが難しい理由 契約取消権とは?

 

お金を借りる,当日,未成年,契約取消権,ヤミ金
未成年者も、大人と同じように手持ちがなくなり困ってしまい、
当日中にお金を借りる必要がある場合があるでしょう。

 

 

 

本来であれば、手持ちの範囲内でおお金を使うべきなのですが、
それができない、それでは足りない、という場合です。

 

 

 

買い物、旅行、遊ぶお金・・・
様々な誘惑に負けて、バイト代以上にお金が必要になる場合。
親からの支援はなく、本当に生活に困窮している場合。

 

 

 

未成年者の場合は、遊びや贅沢のためであれば、まずは我慢するべきです。

 

 

 

でも、どうしても必要という場合は、
まずは親にしっかりと事情を説明し、お金を借りましょう。

 

 

 

両親がいない場合や、両親も生活に困窮している場合もあります。

 

 

 

家族からお金が借りれなかった場合お金を借りたいと思っても、
未成年者にお金を貸してくれるところはあまりありません。

 

 

 

それは、「未成年者の契約取消権」というものがあるからです。

 

 

 

未成年者の契約取消権

 

未成年者の契約取消権とはどういうものでしょうか。

 

社会経験の浅い、判断知識が十分といえない未成年者を保護するためのもので、
親権者である父母など、法定代理人の同意を得ないで契約した場合に、その契約を取り消せる

 

というものです。

 

 

 

つまりこの民法の未成年者の契約取消権により、
親権者の同意を得ずに本人だけで契約した場合は、それを無効にすることができる
取り交わされた契約は取り消すことができ、最初からなかったことにできる、ということです。

 

 

取消権の行使ができるのは誰?

 

親権者である父母などの法定代理人
未成年者本人

 

 

 

未成年者の契約取消権を使って取り消しができない場合は?

 

年齢をごまかして成人として契約したり、親の同意を得ていると積極的に相手を騙して交わした契約は取り消しができません。

 

未成年者がお金を借りれるところはあまりない

 

民法で「未成年者の契約取消権」がみとめられていますので、
大手消費者金融や銀行カードローンは未成年の融資には積極的ではありません。

 

 

「親権者の同意書があれば融資可能」という条件をつけてまで
未成年にお金を貸すことはしていない、ということになります。

 

 

ヤミ金は未成年にも喜んでお金を貸してくれる

 

まっとうな金融機関は、当然法律を順守するのですが、
この法律を守らないところがあります。

 

「ヤミ金」です。

 

 

ヤミ金というのは、そもそもが違法な高利で融資を行う業者です。

 

 

ですので、利率は守らないけれど「未成年者の契約取消権」は守る、
ということはしません。

 

 

未成年者にはなかなかお金を貸してくれるところがないからこそ、
恰好のお客様になる、ともいえます。

 

 

ヤミ金はお金を貸すときは優しいです。

 

 

未成年はまだ社会経験が浅いため、とてもお金で困っている時に甘い言葉をかけられると、
あまり疑うことをせず、お金を借りてしまうのでしょう。

 

 

ヤミ金と知らずに借りてしまう場合も多いのではないでしょうか。

 

 

たった数万円の元金だとしても、利息が高ければ未成年には定期的な返済は難しくなるでしょう。
利息の支払いに困ったら利息分も用立ててもらう、こうなると、借金は雪だるま式に膨らんでいきます。

 

 

借金が膨れ上がったところで、風俗を斡旋される、ということもあるのだとか・・・。
ヤミ金が風俗店と絡んでいる場合も少なくないようですので、本当に気をつけなくてはなりません。

 

 

自分の意志で風俗で働きたい、ということではない限り、
そのような事になれば、精神的にも身体的にも相当きついでしょう。

 

 

それがヤミ金だと知っていて借りたとしても、
知らずに借りたとしても、
どのような場合でも、

 

 

ヤミ金にお金を借りてしまったら、
少しでも早く弁護士に相談しましょう。

 

 

 

>>>ヤミ金にお金を借りてしまったら本当に怖い思いをする

 

 

 

ヤミ金問題を確実に早く解決する方法!

 

ヤミ金問題は個人では絶対に解決できません。ヤミ金問題に強い弁護士に相談しましょう。

 


>>まずはメールで無料相談!